>Review>ユニフォームとして使える!パーカーとTシャツ比べてみよう

ユニフォームとして使える!パーカーとTシャツ比べてみよう

ウーマン

レビュー

パーカーは寒い季節に利用できます【40代/女性】

自治会のバドミントンクラブに入っています。練習中や大会へ出かける用に、みんなでオリジナルアパレルグッズを着ることになりました。色々話し合った結果、寒さ対策にもなるということで、パーカーを選びました。パーカーなら下にヒートテックの肌着を着たり、厚手のロングTシャツを着たりできるので、真冬でも暖かく過ごすことができます。バドミントンの練習や大会では、動かずに応援していることが多々あるので、その際にパーカーは重宝します。とくに寒がりな人は、内側に使い捨てカイロを貼るなど、工夫することができます。さっそくパーカーをオーダー作成できるお店をネットで見つけました。ホームページでデザインが作れるので、簡単にチーム名を入れ、書体も選ぶことができました。左胸と裏にデザインを入れました。かっこよく仕上がってよかったです。

Tシャツのほうが安くできる【10代/男性】

毎年春に、野球サークルでオリジナルTシャツを新調します。ただ今年はパーカーを作成してみたらどうか、という話が出ました。パーカーなら秋~冬にも着ることができるので便利そうです。ただ値段を調べてみたら、Tシャツを作るよりずっと値段が高いことが分かりました。サークルのメンバーは30人近くいるので、パーカーを作る場合、いちおう大口割引きが受けられます。それでも1枚2000円近くかかってしまいます。一方Tシャツは大口割引きで1枚900円前後で作ってもらえます。みんな学生でお金がないので、少しでも安いほうを作ろうということになり、オリジナルTシャツを作りました。Tシャツは白地にして、寒いときは自分で用意した黒い長袖を着ることにしました。安上がりではあるけど、みんなTシャツを気に入ってくれたようです。