HOME>Review>スタッフジャンパーにできる加工でもっとかっこよく作れる

スタッフジャンパーにできる加工でもっとかっこよく作れる

Tシャツ

オリジナルTシャツは、自分で書いたイラストや参考資料から選んだイラスト以外にも、いろいろな加工を行うことができます。イラスト以外のデコレーションを取り入れた方々の口コミを見て、デザインを考える際に役立ててみましょう。

レビュー

かっこいい刺繍ができました!

地元の特産物PRで着る用に、スタッフジャンパーを作りました。イベント会場は中学校の校庭で、1000人近い来場者が予想されたので、スタッフジャンパーはとにかく目立つ色にする必要がありました。業者のWEBサイトで見て、鮮やかなオレンジが目についてので、それにしました。商品と同様に会社のPRにもなると考えて、スタッフジャンパーに会社名を入れることにしました。刺繍はサイズに応じて数百円から入れられるので、左胸の位置に入れてもらうことにしました。型はブルゾン風で、裏地がメッシュ素材になっています。届いたものを見てみたら、刺繍がキレイに仕上がっていて嬉しかったです。メッシュ素材のおかげで着心地もいいです。イベントで動いていると暑くなってくるのですが、前がジップアップで開けられるので、体温調整ができて便利ですね。
(20代|男性)

ラインストーンでキラキラさせちゃった!

演劇の裏方の仕事をしています。劇場内で作業するときにスタッフだと分かるように、裏方さん全員でスタッフジャンパーを着ることになりました。ネットで調べて、オシャレなスタッフジャンパーが作れるところを探しました。オリジナルプリントをやっている業者がほとんどでしたが、ワンランク上のものを求めていました。そこでネイルアートのように、デザインした絵をラインストーンで表現できる業者を発見。キラキラ好きの女子にはたまりません。みんなに意見を求めると、「いいね」という声が圧倒的に多かったので、採用決定。その業者にハートと天使のイラストを描いて、データで送りました。サンプル通り、仕上がりはバッチリでした。雑貨やトートバッグにもラインストーンが入れられるので、個人の趣味としても作ってみたくなりました。
(20代|女性)